人気ブログランキング |

カテゴリ:被災地へ( 6 )

宇和島市吉田町へ(4回目) 災害ボランティア2018.8.29

吉田に災害ボランティアに行くのは4回目でした。
f0197102_19294634.jpg
大洲では、最初、支援物資の受け入れや仕分け、取に来た人のサポートにトラックに積む作業

吉田での最初は、家財を運び出す作業

その後、床下の土砂を土嚢に詰めて運び出す作業をして

野村では、家財や土嚢をゴミ処理場等に運ぶ作業

今回は、板を貼って、その上にシートを敷き、畳をはめ込み

更に家財を家の中に運び込む作業でした。

凄い!!!

着実に復旧・復興に向けて流れが出来ています。

しかし、まだ人手が必要なのも間違いありません。

宇和島に向うボランティアバスも、9月は土日のみの運行になるそうです。

被災地に住む方々が一日も早く、安心して

不自由のない生活が戻るよう、祈っています。



by nonmiyabi | 2018-08-29 19:30 | 被災地へ | Comments(0)

2018.8.10西予市野村町へ災害ボランティア

今日は初めて西予市野村町へ入りました。
大洲や宇和島(吉田)には何度か災害ボランティアに行ったのですが
一度見ておきたいという気持ちもあり、野村へ
f0197102_20592716.jpg
見ての通り、野村の被害も酷いです。
吉田なんかは、土砂災害が凄かったですが、野村は水害が酷かったようです。

今日は、休憩はお昼に取っただけで、家財や土嚢袋をひたすら運び出しては車に積み
車を運転して、ごみ処理施設へ運ぶ作業
途中で1度、匂いにやられてか、熱中症気味だったのかわかりませんが嘔吐してしまいましたが
一度吐いたらスッキリして、また作業に戻れました。

ニーズは減ってきているようですが、まだ手が必要です。

帰りに久しぶりに伊予灘SAで夕陽を見ました。
f0197102_21031370.jpg
お盆ですね。
被災者の皆さんも、被災した市町の職員さん、社協の職員さんが
束の間でも、休息が取れますように・・・



by nonmiyabi | 2018-08-10 21:04 | 被災地へ | Comments(0)

三度吉田へ災害ボランティア

今週も吉田に行ってきました。

f0197102_22135961.jpg
まだ手つかずの家があるので、家財を出す作業からスタート

f0197102_22143690.jpg
床もはいで、その下にたまっている泥を土嚢に詰めて運び出します。

f0197102_22150360.jpg
明治時代に建てられたおうちとのこと

また、来週も行けたら行こう

by nonmiyabi | 2018-08-03 22:15 | 被災地へ | Comments(0)

災害ボランティア 宇和島吉田

今日は休みを取って宇和島吉田へ被災地ボランティアへ行ってきました。

休日は、ボランティアも多いだろうと思って、平日にばかり行っています。

夏休みに入ったので、学生が多いかなと思ったら、殆どいませんでしたね。

今日は浸水した倉庫から家財を運びだし、仕分けしてトラックに積み込む作業をしたあと

別のお宅でも同じような作業をさせていただきました。

防塵マスクとメガネは必須ですね。

しかしまだまだ人手が足りてない感じだったので、また行きたいと思います。

f0197102_22364707.jpg
宇和島吉田支所の前で自衛隊の人たちが仮設のお風呂を作ってくれてました。

f0197102_22393834.jpg



by nonmiyabi | 2018-07-25 22:39 | 被災地へ | Comments(0)

災害ボランティア 大洲へ

前日深夜1時に目が覚めてしまい、4時過ぎまで眠れずにいたもんで

次に目が覚めたら朝8時!!!

急いで準備して大洲に向いました。

今日は夏季休暇を利用して、災害ボランティア

f0197102_23571404.jpg
水は引いていましたが、街はいたるところで浸水の傷跡が残っていました。

大洲社会福祉協議会でボランティアの受け付け・登録をすませ

しばらくはマッチング待ち

長靴を準備して乗り込んだのですが、大洲総合体育館で支援物資の搬入・仕分け等を担当することになりました。

バスで移動して、体育館へ

体育館には色んな物資があり、その後もどんどん入ってくる物資を適宜仕分けしながら所定の場所に格納します。

で、避難所や配給場所の方が物資を取りに来るので、どこに何があるかエスコート

車に運んで見送り

その繰り返しでした。

f0197102_00004224.jpg
f0197102_00012410.jpg
物資は、東日本の時と違い、災害場所がピンポイントで広範囲ではないため

コンビニやスーパーも販売をすでに再開しており、そこまでせっぱつまった感じはありませんが

それより、家の掃除などに人手が沢山いるんじゃないかなと感じました。

東日本に行った時もマンパワーが足らないなぁと感じましたが

同じく人手が足らない!

できればまた、来週も行きたいと思います。

頑張ろう、愛媛!(広島や岡山もがんばれ!)

by nonmiyabi | 2018-07-14 00:05 | 被災地へ | Comments(0)

被災地へ

ブログは休止中ですが、トレーニングではない自分の記録を簡単に載せておきたいと思ったので書きます。


3月11日に起こった東北地方太平洋沖地震による津波の被害を目の当たりにし

日本中、そして世界中の人が衝撃を受けたことと思います。

被災者の皆様が1日でも早く安心して生活できること、心よりお祈り申し上げます。


みんながそれぞれの立場で自分にできることを行っています。

僕はたまたま職場で被災地への派遣希望者を募ってくれたので

速攻で手を上げました。

出発までは、時間がかかってしまいましたが

4月18日から24日までの1週間

宮城県亘理郡山元町の役場で罹災証明書の発行に関わる一連の業務に携わりました。


海側の被害は想像を絶するものでした。

細かく話せばキリがありませんので、今日のブログでは書きません。

まとめきれません。


私は行政職としての立場で復興支援に携わりましたので

行政職としてのことしかわかりませんが

役場の職員は、とにかく疲弊しきっていました。

罹災証明書も、とにかく被害を受けた家屋が多すぎて、調査や発行までにめっちゃ時間がかかってしまっています。

それに住民がイライラし、怒鳴り込んできます。

しかし、その怒鳴り込んでいる相手(職員)も、自分の家は津波で流され

職場の仲間は遺体で見つかり、家族も子供も・・・・

なんともいたたまれない風景でした。


なんとかしてあげたいですが、あまりに被害が大きすぎて個人の力ではどうしようもありません。

今後も、ぜひ長期的に色々な復興支援が続いてくれればなと思います。


のんち

f0197102_22534036.jpg

f0197102_2254118.jpg

f0197102_22545990.jpg

f0197102_22551772.jpg

f0197102_22554548.jpg


by nonmiyabi | 2011-04-27 22:56 | 被災地へ | Comments(0)